0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

岡村裕次 藤森の住宅 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

藤森の住宅
作品番号 1082【愛知県名古屋市】
Courtyard

閉じすぎないコートヤード

名古屋市名東区の閑静な住宅地にある敷地は東西間口10メートル、奥行き24メートルの細長い形状でした。駐車場と庭を確保しつつ採光を得る為に住宅部を北側、屋根付き駐車場を南側、その間に庭という配置計画としています。そうすることで生まれる道路から住宅までの細長いアプローチ以外を壁で囲い込み、不特定多数が出入りする隣地月極駐車場からの視線を遮ってプライバシーを確保しています。しかし全てを囲い込むのではなく、適度な距離感が保てる道路側は駐車場奥の扉を格子引戸とし、通風確保や地域に対して閉鎖的にならないよう配慮しています。

一級建築士事務所TKO-M.architects
岡村 裕次
YUJI OKAMURA

Data

作品番号1082
エリア愛知県名古屋市
規模・構造木造2階建
敷地面積236 ㎡
延床面積193.82 ㎡
施工井戸建設

[Photo:谷川ヒロシ]


家族が集る場とプライベートバルコニーを2階の個室群にも設置

住宅部の一階は家事行為がスムーズに行えるようキッチン、洗面、浴室、トイレなど水廻りを集約しつつ、同時に物があふれないよう収納やその作業スペースを広く確保しました。また、庭には住宅から少し距離を取った「離れ」のような和室があり、いつか来るであろう親世帯の介護同居などを見越し、リビングから看守れるように配置しました。
2階は北側居室に採光や通風を確保する為に中庭のようなプラーベート性の高いバルコニーを設置しています。バルコニーに接した二階廊下は幅を広くして本棚を設置し、図書館的な集れる場をつくりました。リビングから2階個室に行くまでにもう一つくつろげる場を作ろうとしたのです。個室は確保しつつも、共用部を充実させることで家族が自然と集まってくるような家になることを期待しています。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ