0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

池田佳人 和樂備神社 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

和樂備神社
作品番号 1065【埼玉県蕨市】
shrine

伝統工法を現代的に解釈する

合祀100周年事業の一環として始まった和樂備神社「参集殿」新築工事。本殿以上にはならない外観とボリューム、しかしお札所から事務室、祈祷待合室、応接室、多目的室、それに付随する厨房や更衣室、トイレなど機能優先で考えられた間取りであるが、要所要所に神社としての格式と気品を感じさせる空間構成としている。

在来工法プラス鉄骨補強

伝統工法を採用する程、コスト面と期間に限りが会った関係で、基本構造は在来工法で極力プレカット出来るものはプレカット加工とした。一部大空間が必要な部分は鉄骨を補強材として使用し、木造で加工している。あくまで木造の大空間を踏襲させている。

ワイズデザイン一級建築士事務所
池田佳人
YOSHIHITO IKEDA

Data

作品番号1065
エリア埼玉県蕨市
規模・構造木造2階建
敷地面積3343.44 ㎡
延床面積289.64 ㎡


この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ