0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

池田佳人 銀座のショールーム 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

銀座のショールーム
作品番号 1064【東京都中央区】
Show room

ビルの基壇としての表情

松屋通りと昭和通りに面した角地の1階に位置する。建物が築30年10階建ての白いテナントビルで、1階はシャッターが閉まると表情の無い状況であった。場所的には早朝から夜中まで通行人だけでなく、車中からも様々な人々が目にする場所である。デザイン的に考えたのは白い上階部分を支える基壇としての顔である。上階の白に対して黒い基壇を構造的に支えているような表情とした。ショールームと言う性格上、表に開く部分とバックヤードを明確に分け、外に対してはウィンドウショッピングを楽しむような明るい表情にしている。

内装だけでなく外装をデザインする

テナントビルと言う性格上、一次工事と二次工事とに分けて考えるのが通例であるが、外装を含めた表情までもデザイン提案する事で、一時工事を含めた工事となった。それを可能としたのは施主の熱意とビルオーナーの包容力、そして何より今回のコンセプト「ビルの基壇としての1階」と言う事が功を奏したと言う事だろう。

ワイズデザイン一級建築士事務所
池田佳人
YOSHIHITO IKEDA

Data

作品番号1064
エリア東京都中央区
規模・構造既存RC造11階建の1階
敷地面積90.76 ㎡
延床面積52.21 ㎡


この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ