0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

角直弘 藤本高志 宝塚の家 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

宝塚の家
作品番号 3061【兵庫県宝塚市】
courtyard

中庭がもたらす心地よい空間

宝塚市の閑静な住宅街の中に位置し、三方を住宅に囲まれた土地に建っています。 隣接地に対してのプライバシーを守りつつ、各部屋の採光・通風を確実に確保する事から計画を開始しました。外観ファサードを閉鎖的にし、あえて階高を低めに設定した箱状の部分に薄い屋根をのせたシンプルな形状です。内部空間は、天井高の高いリビングを中心にして、ダイニング・書斎・ライブラリ・寝室・水廻り・中庭をゆるやかに繋げた空間を創出しました。壁で囲まれた中庭部分からは、やわらかい光とさわやかな風が室内に届き開放的な住空間を生み出しています。

藤本高志建築設計事務所
藤本高志
TAKASHI FUJIMOTO

Data

作品番号3061
エリア兵庫県宝塚市
規模・構造木造2階建
敷地面積171.59 ㎡
延床面積110.96 ㎡
設計角直弘 藤本高志
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:杉野圭]


ディテールに手間をかけた分オーナーの満足度へ繋がる

オーナー夫妻も建築に対する造詣が深く、間取りやデザインのみならず、細部の納まりに至るまで打合せを重ね、拘った仕様となっている。それらを表現する為に施工者とも協議を重ね丁寧に仕上げた一邸である。特に巾木や枠周りの納まり等は使い勝手も考慮した上で極限まで薄く、小さく造り込むディテールとしており、作り手からすると手間のかかる物件であったと思うがその分オーナーの満足度も建物としての完成度も高く仕上がっている。構造的に中心部の吹抜けがかなり大きく屋根も薄く見せる様に低く設定しているので剛性を確保するために床の様な作り方で天井部分も構成するとても複雑な形状となっています。施工も大変で天井裏に入れる部分が少なく施工しにくかったと思います。1階部分については半地下の様に地面に近い面にリビングを持ってきているので基礎にも防水や換気等の工夫がされていてとても凝った造形になっています。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ