0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

関戸隆久 Bright & Breeze 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

Bright & Breeze
作品番号 2011【愛知県名古屋市】
Bright & Breeze

機能とデザインの両立をめざして

南東角地の高低差があり、法的にも厳しい制限がある敷地に建っており、3台のビルトインガレージと来客駐車スペースを持っています。外観デザインは、自然素材の天然石とシンプルな外壁材によってバランスを整え、RC特有の重厚になりすぎない明るい建物としています。
採光と風通しが良く開放的でありながら、周囲からのプライバシーは確保するという要望を満たすために様々な検討を重ね、必要条件を外部・内部に渡り、デザインに内包させています。特徴的な構成要素の一つとして、南のテラスにつながる大きな庇には、円形の吹き抜けを設け植栽を施しています。ここからの光と風、そして緑が、ダイニング空間につながり、心地よさを増幅しています。また、この庇に繋がる壁は、連層ガラスから光をふんだんに採り入れながらも正面からの視線を遮る役目も担っています。内部空間は、中庭・リビング・テラスが一体となる開放的な空間が拡がり、様々な場面に対応できる居住空間となっています。

I.P.U建築計画
関戸隆久
TAKAHISA SEKIDO

Data

作品番号2011
エリア愛知県名古屋市
規模・構造RC造地下1階 + 地上2階建
敷地面積906.68 ㎡
延床面積415.79 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:杉野圭]


高低差と地下室

敷地に高低差があり地下室がある建物は、平地に建てる場合と違い設計だけでなく施工的にもかなり難しくなり、工事における様々な注意点がたくさんあります。まずは法律上の注意点を施工者に理解してもらい、予測できる施工的に難しい部分を前もって慎重に現場担当者と打ち合わせを重ねることで、クリアしていきます。
そのためには、知識と経験豊富な現場監督と各種専門業者との定期的な現場打ち合わせにより現場状況の把握に努めました。特殊な仕上げ材料も多く採用しているので、内部外部とも施工図を注意深く確認しながらの工事となりました。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ