0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

山田直貢 吹抜とスキップフロアのある家 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

吹抜とスキップフロアのある家
作品番号 2025【愛知県名古屋市】
Skip Floor

段差と吹抜が生み出す立体的な住空間

間口5mの細長い敷地に建つ木造3階建ての住宅です。 中高層の建物も点在する密集した住宅地であることから、採光とプライバシーの確保が当初からの課題となりました。
ご家族の共通の趣味であるサーフィンの為の収納やボードの搬入等を踏まえ、路地のような前室を持つアプローチを採用しました。機能上のご要望であった玄関門扉にはグレートーンのFRPグレーチングを用い、外観正面のシンプルなフォルムにエントランスらしさを付与しています。
3層の住空間において、ご家族が集まる共用部分を2階に配置し、天候に左右されにくい光を導き入れるため天窓と北面のルーフコートに開口を設けています。10mの奥行きを持つLDKはスキップフロアと天井高さに変化を与えることによって上階との繋がりも感じられる空間としています。

レイスブロック建築設計事務所
山田直貢
NAOTSUGU YAMADA

Data

作品番号2025
エリア愛知県名古屋市
規模・構造木造3階建
敷地面積128.10 ㎡
延床面積129.19 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:松尾勝司]


目立たない構造体の工夫

敷地の間口5mに対して、建物の間口は4mに設定されました。木造在来工法のため、筋交を配置した耐力壁によって構造を検討することが一般的ですが、限られた間口スパンの中で一定の壁を設けると、その壁自体が視線や空間の広がりを遮ってしまうことになります。
この現場では、より目立たない木質フレームを耐力壁の代替とすることによって、十分な耐震性能とLDKの奥行きに対してほとんど壁の存在感を感じない伸びやかな空間を実現しています。木造本体の軸組に対して、補強フレームを付与する工程は高い精度が求められましたが、打ち合わせを重ねた結果、最低限のクリアランスで現場を納めることが可能でした。
この構造手法の恩恵として、大きなサッシ開口や連続感のあるLDKが実現されており、完成時にもオーナー様の実感として想像以上の室内の明るさと抜け感を提供することが出来ました。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ