0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

山田直貢 地場産の瓦を用いた南国を感じる家 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

地場産の瓦を用いた南国を感じる家
作品番号 2022【愛知県高浜市】
Resort House

非日常を住居に取り込む

愛知県高浜市の住宅地に計画された住居です。沖縄や南国へのご旅行がお好きなオーナー様からのリクエストは【非日常を感じられる家】。リゾートのゲストハウスをイメージしながら、瓦屋根を持つ平屋の住居をご提案しました。
瓦は地元原産の三州瓦をオリジナルのカラー配合で採用し、南国らしさと同時にモダンなテイストを演出。室内は小屋組を露出させた天井の高い空間として、床のタイルや壁の杉板貼を用いて素材感を高めています。リビングのコーナーに設けられた大開口サッシを開け放つと南洋材を敷いた広大なウッドデッキが広がり、屋外のリビングとしてアウトドアでの食事やパーティーを愉しむことができます。
植樹計画においてもココスヤシやソテツ、ドラセナなどの樹木を配置し、自邸に居ながら南国を思い浮かべる住空間となりました。

レイスブロック建築設計事務所
山田直貢
NAOTSUGU YAMADA

Data

作品番号2022
エリア愛知県高浜市
規模・構造木造平屋建
敷地面積500.01 ㎡
延床面積103.10 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:杉野圭]


小屋組を空間の特徴に

勾配屋根と平屋という条件を生かし、この住宅では屋根の小屋組(構造体)を室内に露出する手法を採用しています。瓦屋根の荷重を支えるために必要な部材寸法を決定すると同時に、室内で天井面を見上げた際の見え方を検討し、部材のピッチや断面形状を検討していきました。室内において構造材と壁面が接する部分は間接照明で照らされる見せ場でもあり、何十本と繰り返す構造部材に対し精度の高い工事が求められました。
リゾートハウスのような印象の一方で、この住宅は断熱等性能等級4を取得しています。基礎・外壁・開口部・屋根、各々に断熱性能が求められますが、特に屋根については内部の印象を壊さないよう配慮した性能の確保に努めています。小屋組を生かす工夫は空間の抜けと連続感の確保によってもなされています。玄関~LDK~寝室~書斎を天井という要素で連続させ約30坪の室内に面積では括れない開放感を与えています。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ