0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

宮本正人 囲い込みながら開放する 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

囲い込みながら開放する
作品番号 2042【愛知県江南市】
enclose&opened

寛ぎの追求

オーナー様が生まれ育った家の一角に建つ、新居となるご夫婦のための住宅です。郊外の住宅地で、田んぼや緑が比較的多く、ゆとりある土地であるため、程よく周囲との関係が保たれています。周囲との距離感と住み手の快適性を考慮し、囲い込みながら開放されているような建物を考えました。空間は、北側道路と平行なメインの建物と、西側道路と平行になるような和室部分とで構成されています。構成された面と面とのズレと隙間にできたスペースが、内外をやわらかく繋ぐ中間領域になります。和室回りの生垣で囲まれた白砂利敷の庭、広く設けられたウッドデッキはプライベートが保たれ、開放的にくつろげる場となっています。またアプローチにおいては、スロープを設けることによって、道から敷地、敷地から建物へと動線の流れをつくり内外の関係をつなぐ役割を果たしています。面による全体構成で中間領域を生み、内部は、より一体で開放的にすることで、「囲い込みながら開放する」建物となるのです。既存の木々と、これから増えるであろう木々と家族が、互いに成長できるような器になりえることを願っています。

建築計画Artスタジオ
宮本正人
MASATO MIYAMOTO

Data

作品番号2042
エリア愛知県江南市
規模・構造木造2階建
敷地面積317.39 ㎡
延床面積79.40 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:松尾勝司]


この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ