0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

梶川浩助 桜ヶ丘の家 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

桜ヶ丘の家
作品番号 1113【愛媛県今治市】
one‐story house

街並みを圧迫しない平屋建て

愛媛県今治市、小高い丘の上の住宅地に建つ、若い夫婦と子供2人のための住宅。敷地は、高度成長期に造成された住宅地の一画に位置する。周辺環境は、造成と同時期に建設された2階建て住宅が建ち並ぶ画一化された街並みである。 平屋であるがゆえに周辺の住宅よりやや大きな平面となってしまうが、街並みに対して圧迫感の少ない佇まいとなるよう、変形した大小3つの筒が寄り添っているような構成とした。

広がりを感じさせる空間

太陽の光を室内に最大限取り込めるよう建物配置を南に開いた扇状とし、どの部屋でも自然のエネルギーを享受できる間取りを考えた。一方夏期には、門型に迫り出した屋根・壁が夏の強い日差しを遮り室内に影をつくる。と同時に、風の通り道を設けることで家の中を風が通り抜け、涼をとることができる。また、南北の軸線を振れさせることにより、それぞれの空間から見える景色も異なる眺望となる。
居室の天井高を変えたり、開口のサイズや位置などにも変化をもたせながら視線の抜けをバランスよくデザインした。これにより、単純な構成の中に、多様なシーン・豊かなシークエンスが内在する空間となっている。

MuFF
梶川浩助
KOSUKE KAJIKAWA

Data

作品番号1113
エリア愛媛県今治市
規模・構造木造平屋建
敷地面積266.43 ㎡
延床面積103.20 ㎡


この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ