0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

佐藤健治 現代のアーツアンドクラフツ建築 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

現代のアーツアンドクラフツ建築
作品番号 1101【東京都世田谷区】
Art and Craft

二つの顔を持つ住まい

敷地は角地から、それぞれ一区画ずつ入った二区画を繋げた形状で、奥行きの深いL字型になっています。二車線で交通量の多い通りと、人通りの少ない閑静な通りに面しています。建築主の要望はその敷地の特性を生かし、個性的で魅力あふれる住空間を創造して欲しいというものでした。
メインアプローチとガレージを二車線の通り側へ、和室棟と和庭を静かな通り側に配し、外観の雰囲気も大きく異なるものとしました。そのため、一つの建物でありながら二つの顔を持つユニークな住まいが生まれました。
主な外装は特注で焼かれた割肌レンガで、その風合いを生かすためにマッスを強調したデザインとしました。そこにアイアンワークのガラス庇、門扉や手摺を施し、対比し強調することで重厚且つ繊細な造形表現を実現しました。一方和室棟はむくりを付けた一文字瓦葺で、洗練された数寄屋造りの外観としました。

一級建築士事務所 矩須雅建築研究所
佐藤 健治
KENJI SATO

Data

作品番号1101
エリア東京都世田谷区
規模・構造RC造2階建
敷地面積354.97 ㎡
延床面積239.73 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:畑亮]


現代のアーツアンドクラフツ建築

インテリアは上質な無垢の床に漆喰の壁で構成されています。吹抜けのホールを中心に各室へアプローチするスタイルとし、この開放空間を介して家族やペットの猫たちの様子が常に感じられるようになっています。
建築主は文化、デザインの分野で非常に見識が高く、国内外の優れた建築を多数訪れており、その経験を基に夢を実現したいというものでした。そのため、要望に上がるデザインや素材、雰囲気は当初からとても具体的なものでした。特に外装の煉瓦には強いこだわりを持ち、その期待に応えるために愛知県半田市の煉瓦工場に協力してもらい試作を重ねました。また、イギリスの産業革命時に手仕事の大切さ豊かさを説き、世界的なデザインムーブメント「アーツアンドクラフツ」運動を起こしたテキスタイルデザイナー、ウイリアム・モリスの思想に強く共感されていました。内外装ともその思想を受け継ぎ、優れた職人の手仕事によるアーツアンドクラフツの住まいを完成させました。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ