0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

林寛行 志茂の住宅 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

志茂の住宅
作品番号 1091【東京都北区】
Chianti lever

さまざまなシーンの展開する立体空間

東京都内のご夫婦のための住宅です。南側の道路を挟んだ向かいは公共施設で引きがたっぷりあり、面積は大きくないものの都心の密集地とは異なる広がり感のある敷地だったため、それを生かして計画を進めました。 7メートル角のほぼ正方形の建物を建築面積いっぱいに配置、キューブ状のボリュームが浮いたようなデザインとし、1階にエントランスと和室、2階は天井の高いワンルームのLDK、3階に寝室とバス空間、とシンプルな構成で、敷地をフル活用し生活空間を立体的に確保しています。
プライバシーに重きを置く1階と3階は開口を絞り、2階のLDKは外へ向かって開放的に、そして屋上ではパノラマ風景が広がる、といった具合に、建物を縦に移動するたびに閉→開→閉→開…とシーンが展開する住宅です。

一級建築士事務所ハヤシラボラトリーズ
林 寛行
HIROYUKI HAYASHI

Data

作品番号1091
エリア東京都北区
規模・構造重量鉄骨造3階建
敷地面積71.79 ㎡
延床面積42.92 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:馬場隆]


大胆なキャンティレバーとそれを支える杭

建物が跳ね出し形状になっていてキューブが浮遊している雰囲気が出ていますが、その跳ね出し形状=キャンティレバーを実現するために鉄骨の溶接部加工、ボルト接合部施工について特に留意しました。また地盤調査の結果を受けて、長さ20メートル強の鋼管杭を施工し、建物を強固に支持しています。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ