0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

志柿敦啓 カフェ ブラディーポ 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

カフェ ブラディーポ
作品番号 3044【兵庫県芦屋市】
Cafe & Shop

ダイナミックな空間でゆったり時間を楽しむ

1階にカフェと雑貨店、2階に幼児対象の学習塾が入る複合施設です。敷地は北側正面に商店街があり、南側に阪急芦屋川のホームが隣接するL字型の土地。
1階は商店街側にコンクリート造のカフェ、奥の木造を増築したかのような部分が雑貨店となっています。2階はコンクリート造の壁にダイナミックな木造の架構をかけた部屋。木造の架構は両サイドの壁から跳ねだし、中央のトップライトから光が差し込みます。木の柔らかさを持ちながらも大胆な表現で明るい場所を学習塾としました。
建物の中には、列車が疾走する駅のホームの情景、物販やカフェの賑わい、商店街の街並み、人通り、太陽光等々、様々な要素が重なり合うように取り込まれます。新築であるにもかかわらず、増築をしながら長年そこに存在していたかのようなたたずまいが、落ち着きと安らぎをもたらすようにと考えました。

志柿敦啓建築設計事務所
志柿敦啓
ATSUHIRO SHIGAKI

Data

作品番号3044
エリア兵庫県芦屋市
規模・構造RC造 + 木造地下1階 + 地上2階建
敷地面積104.29 ㎡
延床面積136.70 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:平井美行]


力強さを生み出す繊細な施工

2階屋根の架構は両サイドのコンクリート造の壁から片持ちで跳ねだしています。コンクリートに鉄製のジョイント部材を先に埋め込み、木製の梁をそれにつないでいきます。少しの精度の狂いも許されません。職人さんたちは、非常に重たい材料を繊細な施工で、しっかりと形にしてくれました。1階から2階へと続く木造の架構は、イレギュラーな形をしていますので、手を抜くと雑な感じに受け取られてしまうものになりかねません。たくさんの施工図を描いてもらい、ひとつひとつ検討を重ねていきました。屋根と南側壁の材料は天然石のスレートです。難しい形をした屋根に防水シートを丁寧に貼り、スレートをひとつひとつ釘で打ち付けていくという気の抜けない作業です。根気よく作業をしてもらったおかげで、天然石の風合いがしっかりと醸し出されています。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ