0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

志柿敦啓 中庭のあるカフェのような家 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

中庭のあるカフェのような家
作品番号 3042【大阪府高槻市】
Courthouse

アンティークレンガを敷き詰めた中庭

豊かで閑静な住宅地に建つ、コートハウス(中庭住宅)です。南側は車の往来が多く、騒音やセキュリティに対する懸念に応える為に、あえて南面は閉ざし、ボックス形状の外観を基調としています。内部はヨーロッパ産のアンティークレンガを敷き詰めた中庭から、採光や通風を確保するプランとしています。エントランスからLDK、和室とそれぞれの部屋に連続するように配置したこの中庭は、柔らかい光と視界の広がりをもたらします。また、2階のバルコニーテラスには眺望を切り取った開口を設け、広がる景色を楽しむと共に来客者の方々とのガーデンパーティーをご家族は想像しています。また内部には天然素材を用い、生活にぬくもりと変化を与え、使い込むほどに愛着の持てる空間を実現しています。

志柿敦啓建築設計事務所
志柿敦啓
ATSUHIRO SHIGAKI

Data

作品番号3042
エリア大阪府高槻市
規模・構造木造2階建
敷地面積185.82 ㎡
延床面積129.91 ㎡
施工アーキッシュギャラリー

[Photo:杉野圭]


手間を惜しまない施工

リビング・ダイニングの床は天然木を使用した突板フローリングに特殊セラミック塗装と複合樹脂シートで多層構造にしたもの。天然木の風合いだけではなく、非常に耐久性に優れたものを使用しています。さらに家全体のイメージに合わせるために、オイルステインをかけクリア塗装を施し、イメージ通りの色、風合いになるまで何度も塗り直し、大変に手間をかけたものになっています。

この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ