0120-39-5142

建築流儀.com
PROFESSIONAL ARCHITECTS

松本明 苦楽園の住宅 建築流儀.comはアーキッシュギャラリーによる運営です

苦楽園の住宅
作品番号 3052【兵庫県西宮市】
Reinforced concrete house

外部と内部の重層的構成により緑と生活空間が交互に入り込んだ空間に

敷地条件と住宅に求められる要望は、いつもうまく合うわけではありません。むしろ、合わない前提条件をいかに克服していくのかということが住宅建築の設計の醍醐味であるとさえ言うことができます。この住宅ではさほど広いとは言えない敷地に対して、緑の多い自然に囲まれた空間で過ごしたいとの要望がありました。床を立体的に積んでいかなければ必要床面積を満たすことができず、一方において大きな庭を取る余裕もないなかで、プライバシーの確保と開放性といった相矛盾する要件の同時成立がもくろまれています。外部と内部が重層的に重なる空間構成はただ拡がりを持つだけではなく、中庭を中心として緑と生活空間が交互に入り込んだ場所が実現しています。

床レベルを立体的な構成とするためのコンクリート打設

複雑な要件と空間の豊かさを実現するために、床レベルが階ごとに単純に変わるのではない立体的な構成を取っています。それを実現するために、現場ではコンクリートの打設方法に大変苦労をする結果となりました。

松本明建築研究所
松本明
AKIRA MATSUMOTO

Data

作品番号3052
エリア兵庫県西宮市
規模・構造RC造3階建
敷地面積216.56 ㎡
延床面積156.09 ㎡

[Photo:市川かおり]


この設計事務所の他の作品を見る

お問合せはこちら


ページトップへ